たまりば

  グルメ・料理 グルメ・料理  調布市 調布市


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局  at 

2014年05月15日

愛犬を連れて日本へ⑤

いよいよ帰国の日がやって来ました。

モーゼル湾
小太郎を良く散歩させたモーゼル湾ともお別れ。

トントゥータ国際空港で小太郎を預ける場所を事前にエアカランの事務所で聞いていたのですが、行ってみると何の表示も出ていなくて少し迷いました。

やっと貨物倉庫のような建物がそうらしいと分かり、そこに入り奥に進んで行くと、ペットを預ける場所に行き当たりました。「御用の方はボタンを押してください。」と言う表示がありましたが、ボタンは故障中。face07 まぁ、ニューカレでは良くある事なので驚きもしませんでしたが、周りに人気がなく、どうやって中の職員を呼ぼうかと思っていたところ、同じくここに用事があるらしき男性がやって来て大声で「おーいっ!!!」と何度か呼び続け、ようやく中からニコニコしながら係員らしき男性が出てきました。何をしても「やっと」とか「ようやく」とか言う形容詞が付くマッタリしたお国とも今日でお別れです。

係員に中に招き入れられて、台の上に小太郎を入れるケージを置くように言われ、先ず金属探知機のような物でケージの中を隈なくチェックされました。次に小太郎を入れるように指示されたので、下にタオルを敷いてから小太郎を入れてケージのドアを閉めると、最後にエアカランでもらった結束バンドを本体に開けられた穴とケージの扉の格子に通してドアを留めました。これは飼い主が行いました。

これで手続き終了。

小太郎はすぐにワンワン鳴きはじめましたが、私達は後ろを振り向かず急いで建物を出ました。

後は成田に到着してから無事検疫と通関手続きを終えるまで小太郎とはサヨナラです。とは言っても、同じ飛行機に乗るのですが。

トントゥータ
搭乗前に待合室から撮影したエアカラン。この日もいいお天気でした。小太郎はもう乗せられたかな?出発は7月でしたが南半球のニューカレは冬なので涼しくて安心でした。

前回、エアカランが第一ターミナルに着くのが18:30頃、第二ターミナル近くの成田の検疫所が閉まるのが21時(受け付けは20時半まで)なので、小太郎を当日引き取るのがギリギリだと書きました。

そこで、日本の高校に編入する為に約一年前に一人で帰国していた娘が活躍する時が来ました。

娘に引き取りに必要な書類一式と委任状をニューカレから送り、それを持って先に検疫所に行って手続きを始めてもらう事にしました。

幸いなことにエアカランも出発が遅れる事もなく(酷い時には出発が3時間遅れと言う事もあったので)定刻より早く18時に成田に到着しました。良かった~~。face02

小太郎はここから第二ターミナルの貨物地区まで運ばれる事になります。私達も急いで入国審査を受け、自分たちの荷物を取り、別送荷物の書類にスタンプをもらってから税関を通って、宅急便で送る荷物の手配を済ませてから、検疫所で手続きを始めている娘と落ち合うため、タクシーで急いで第二ターミナルに向かいました。

小太郎を日本に連れて帰って来るまでの顛末を今まで長々と書いてきましたが、次がいよいよ最終回です。

  

Posted by ラ・カージュ  at 06:00Comments(0)愛犬を連れて日本へ